ヘッダー

2015年 12月

出会い。

人と出会って感化されたという言葉がある。

感銘を受けて、ああ、そういう考えもいいなとか思ったりして、その人自身も、そういう風になりたいと思う。

2013年の時、行徳の吉野先生と話をしていて、先生は、仕事を楽しくするという話をされていた。

その時の私は、仕事は、一生懸命、努力して、糞真面目にするものと思っていた。

楽しむのは、仕事の全てを把握して、余裕のある時なら、分かるという感じだった。

だから、その話を聞いても、そういう世界もあるのかなと思っていた。

この頃の私は、努力とか、根性とか、そういう積み重ねの世界で生きてきたので、

私の価値観すると、よく分からないという感じだったと思う。

そんな中で、冠光寺流を紹介されたりして、先生と接していると、正しく、楽しそうな仕事、

生活をしているのが、伝わった。そういうのも、、いいなと思えるようになった。

価値観で、いうと、陰と陽。

無理しても、頑張るという仕事と、楽しく、楽しむ仕事。

価値観という所で見ると、お互いが理解しえない。

楽しく仕事する人から見ると、なんで、そんなに無理してまでして、仕事するのかな

楽しくすればいいのと、思って、理解できない。

先生が、陽の価値観だけで、接していたら、多分、そんな世界もあるのかな?

私には、関係ないけど、と思っていたと思う。

今年、二年ぶりに、空手の宇城先生の講習会に参加して、思った事は、

二年前は、先生の強さ、頭の良さ、強い信念といった凄さの価値観に反応した。

今回は、先生の相手をなんとか一人前にしてやろうという愛に反応した。

愛というのが、伝わると、表面的には、怒られても、頑張ろうと思える。

愛を本質として捉えてもいいし、価値観の奥に愛があると考えてもいい。

親は、子を愛していると思う。

でも、衝突が生まれる時は、その言葉は、価値観から発していると思う。

でも、親は子を思う愛だと、価値観で、発する言葉を混同していると思う。

親子でさえ、価値観でぶっかっている世界で、人と人が価値観でぶっかるのは、よくある。

この時、もし、純粋に相手の為だけを、思う気持ちの愛から発せられた言葉なら、伝わると思う。

もし、みんなが相手の奥にある愛を感じる事ができれば、敵はいなくなると思う。(同じものと思ってもいい。)

様々な環境の人、様々な価値観の人に、この愛をどう伝えていくかが、今後の課題かなと思います。

吉野先生、いつも、ありがとうございます。

中々の石頭で、一つ、一つ、検証していくタイプなので、お手数おかけしておりますが、

暖かい目で、見ていただき、いつも、感謝しております。

今年に引き続き、来年もよろしくお願い致します。

松岡良一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、とにかく、会いたい人にあった。

オリジナルを創り出したかったが、これは、まだ、完成出来なかった。

ひとつ分かったのが、オリジナル、個性を出したもので、オールマイティーでない場合、

それは、創った人の価値観をぶっけて、そのぶつけられた人が納得すると、その場が出来るという価値観の世界。

だから、価値観が合う、合わないが出てくる。(ビジネスの世界では。差別化してとかいっている。)

それを、愛ベースにすると、どんな人でも、大丈夫になると思う。(模索中。)

例えば、価値観の場合、外見が大事って人と、中身が大事って人が話しても、お互いが主張して、

話がうまくいかない。

これを、愛ベースで、見ると、中身が大事って人が、外見が大事って人の外見の美に対する努力は凄いと思う。

また、外見が大事って人が中身が大事って人の気遣い方をみると、優しい気持ちになると思う。

そんな感じで、お互いが心豊かにになるといいなと思う。

道場の稽古で、保江先生が、優しさが最強と話している。

優しくない人は、優しくなりましょうと話している。(笑)

相手に対して、つい、自分の意見を言って優しくなれない人は、

本人の好きなものに対しては、大事にするので、そこから、少しづつ、広げていくとか、

その人が喜ぶのと、その人の気分が悪くなるのの、どちらが心地いいかと、考えるのも、いいかもしれません。

葛藤が起きるのは、制限された物の見方(部分)で、その全体をみるから、よく、見えていません。

それを、少しづつ、広げていくとどんどん楽になります。

本人なりに、ひとつ、ひとつ、納得して人生を送っていくと、その納得した中では、調和がとれています。

そうして、いろんな場面で、調和をとる事が、私にとっても、あなたにとっても、お互いの世界を広げていく

ことになると思います。調和とは、お互いが、主張しあって、戦うのでは、なく、片方が、主張して、

もう一方が、妥協するのではなく、お互いが、遠慮して、妥協するのでなく、お互いが、お互いの主張をし、

そのうえで、双方の納得の答えを出し、それが、今まで、一人だけで、見ていた世界よりも広くなるものだと思います。

そうして、双方納得の世界が分かると、この二人と、周りの関係に置いて、どう調和をとるかという感じになると思います。

こういう感じに、どんどん本人なりに納得しながら生きていくと、自由度が増し、世界が広がります。

その世界の中で、私がどう生きればいいかは、全体としてうまくいくにはどうしたらいいかを考えると、

自ずと、個人としての私の生き方が見えてくると思います。

ポイントは、私に正直に、相手に正直に生きるという事だと思います。

これを、少しづつ、出来る範囲でやっていくと、どんどん自由になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなっしーが、ポップを創ってくれました。流石です!(*´∀`*)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保江先生と山本先生の対談本、「神に近づくには波長を合わせればいい!」を読んだ。

山本先生は、合気道の植芝盛平翁に師事され、合気道の指導と、前衛書家としてのお顔もお持ちである。

道場では、山本先生はいつも、にこにこされて、いい声されていらっしゃるなという印象を持っていました。

本の中で、声を出しながら、字を書くというのをされていると書いてありました。

これは、正しく、声を出しながら、字を書いているので、思った事が、具現化されているとの事でした。

山本先生は、言葉とか、呼吸に、非常に造詣が深い方だと、本を読んで思いました。

昔、読んだ本の中で、ピラミッドの石を運んでいる人に、何をしているんんですかと聞くと、

一人目は、石を運んでいます。

二人目は、ピラミッドを造っています。

三人目は、王様の墓を造っています。

四人目は、エジプトの歴史を創っています。

と答えていました。

その時、思ったのは、仕事は、どう意識するかで、変わるなと思いました。

出来るだけ、いろんな意味を分ってやった方がいいなと思いました。

山本先生の場合は、このいろんな意味が分かっているだけでなく、

例えば、人は、細胞の集まりであり、肉体を持った一つの個体であり、家族の一員であり、

社会の一員であり、国の一員である、人類の一員であり、動物の一員であり、生物の一員であり、

地球の一員であり、宇宙の一員であると思う。

この幾重にも重なった空間ここに、作用するのではと思いました。

これを、どこまで、意識出来るかが、空間の活用度かなと思う。

先生の文字は、ただの文字ではなく、いろんな空間の力があるので、いろんな奇跡が起こるのかなと思いました。

保江先生も空間、山本先生も空間、だから、波長が合うのかなと思いました。

今年も、残り少なくなってきましたが、頑張っていきます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

師走のザワザワの時に、気合いで、しゃんと頑張っています。

今年も残り少なくなっていますが、油断なく、丁寧に生きていきましょう!

この時期、本当に、事故、怪我が多いです。(焦らず、ひとつづつ、片付けていきましょう。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031