ヘッダー

2014年 6月

坂東さんの記事に、「畑から宇宙が見えるー川口由一と自然農の世界、新井由己」

という本が載っていた。

今、千葉の実家の方で、父親が畑を借りて、野菜を育てている。

父親の実家は、農家なので、ぜひ、読んでもらいたいなと思い購入した。

川口さんの自然農は、耕さず、肥料・農薬を使わず、草や虫を敵としないというのが基本。

本を読んでの最初の感想は、効率という考えと、心を込めるという考えの2つがあり、効率を求めるあまり、心を失くしているいるなと思った。

本の中に、「多くの人を養ううために始まった慣行農法は、安価で安全な食糧を安定的に大量に生産するのが、目的だ。

農薬を用いながら、たくさんの人の食糧を約束してくれる。」

ここだけ、見ると、たくさん出来るので、効率的といえる。

ただ、川口さんは、本の中で、「トラクターやコンバイン、田植え機などの農業機械を使うことにによって、それらのものを用意するために、

どれだけの人の手間がかかっているか考えてみるといいだろう。石油を掘り出す、石油を運ぶ、機械をつくる、機械をつくる工場を建設する、

機械をつくるのに必要なエネルギーを用意する、燃料を確保する・・・・・と、気が遠くなるほどたくさんの人が関わっている」と話されている。

これだけ、手をかけているのが、効率は、、いいと言えるだろうかと指摘している。

確かに、これを、考えると、効率的と言えない気がするが、違う側面から見ると、たくさんの仕事があるので、雇用を生んでいるとも言える。

審美眼を養い、本物と偽物を見分ける目を持つのが、大事だと話されている。

本の中で、境地という言葉を使って、その中に相対界と絶対界がある。

相対界が、個々という意識、絶対界が、全体という意識。

川口さんは、一体であるのと同時に個々別々であることを悟れば、対立し、争うこともなく、自他ともに平和に生きることのできるところに立てます。

と話されています。

これは、例えば、一人の男性が、個人の意識だけを優先させるより、奥さんがいれば、夫婦としてどうありたいか、子供がいれば、

家族として、どうありたいか、会社に勤めていれば、会社として、どうありたいか、市に住んでいれば、市としてどうありたいか、日本に住んでいれば、

日本としてどうありたいか、地球に住んでいれば、地球としてどうありたいか、宇宙に住んでいれば、宇宙としてどうありたいか。

人によって、物事の見える範囲が違います。

仕事に関しても、一生懸命やる人、お金の為にやる人、好きでやる人、嫌々やる人等、いろいろいると思います。

会社とそこで働く人、一見別物のような気がします。

しかし、会社というものに自分という意識を持てれば、その中で、私の役割が見えてきます。

それが、その人個人を輝かせる事になります。(結局は、自分の為になる。)

人が出来る事は、今、ここしか関与出来ないのですが、物事の見える範囲をどんどん広げる事で、より多くのものの為になり、また、自分の為になります。

だから、少しづつでも、いいので、自分の心の納得出来る範囲で、いろんな物事を受け入れる事は、結局は、みんなの為が、自分の為になります。 

楽しい人生を送りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腱引きの「呼吸法と運動指導」というDVDを観た。

その中で、患者さんが、腱引きで、身体と心を整えてもらったと話されていた。

腱引きは、心に対して、身体からアプローチする。

久しぶりに腱引きの師匠の元気な姿を見て、感じたのは、やはり、患者さんに、対しての覚悟だと思った。

その覚悟が、患者さんに、伝わり、それが、安心を生むと思った。

人と人のコミュニケーションが、表面的なものの方が、争いを生まず、楽で、

本音をガンガン打つける方が、争いを生んだり、大変だと思うが、相手を知るには、いいと思う。(最初のコミュニーケーションとして。)

小口先生を観ていると、患者さんの身体を通して、相手の心に語りかけている気がする。

腱引きを習って、少し出来るようになると、どうせ、良くなるんだから、自信が出来た。

これが、調子に乗って、天狗になっていた時も、あったと思う。(表面には、出さないようにしていたつもりだが。)

今は、価値観の違う患者さんでも、私の価値観で判断しないで、受け止めて、考えられるようになった。 

世の中には、いろんな治療法があり、理解出来るもの,出来ないものあると思うが、

いろいろ探せば、きっと、自分にあった治療法に出会うと思う。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最近、ドラマの半沢直樹をレンタルで借りて観ていて、土曜日に観終わった。

ドラマの中で、「やられたらやりかえす、倍返しだ!」という決め台詞がある。

昔、病院に努めていた時に、怒髪天にきて、病院の壁に穴を開けた事があった。

その頃の私は、違うなと思っても、意見が言えず、ストレスで、お腹に激痛がきたり、足が攣れて曲がったり,痺れたりしていた。

この時は、ある先生に教わった事を、患者さんに話していたら、その先生に、それは、違うだろうと言われ、流石に、怒りが出てきた。

患者さんの施術を終わって、どんどん怒りが増し、こいつを殴ってやろうかと思ったが、多分壊れると思い、

壁に拳を当てたまま、力を入れると、バーンと病院に音が鳴り響いて、壁に穴が空いた。

私は、その当時でも、仏の顔を100回ぐらいは、出来たが、その時は、流石に、その後、その先生に、それは、おかしいですよねと言った。

世の中には、いろいろ理不尽な事があり、組織に所属していると、立場上、言いたくても言えない事がある。

それを、この半沢直樹という主人公は、立場に関係なく、自分自身の正義に従って、行動する事が、みんなの共感をを得て支持されているのだろう。

ところで、世界中の人が71憶人いて、悪いと思う事を、黒、良いと思う事を、白とする。

例えば、昼の12時に待ち合わせで、12時より、早くが白、12時を超えると黒、(時間の待ち合わせに遅れてはいけないという考え)

12時より早くが、黒、遅くは,白、(早く、行き過ぎると、準備の邪魔になって急がせてしまうから、ダメという考え)

(どっちのタイプもいるので、場合によっては、出来るだけ、ぴったり合わせたりしている。)

前者の場合でも、緊急事態では、遅れても、白になり、後者の場合でも、緊急事態では、早くても、白になる。

だから、ひとつの出来事において、世界中で、白になったり、黒になったりする。

という事は、日本にいて、日本の常識に合っていて、暮らし易い人と、合ってなくて、暮らしにくい人がいると思う。

前者は、ストレスが少なく、後者は多い。

みんなが気づかずにストレスを持ってしまうのは、世の中の常識と、本人の考えが違う場合だと思う。

それが、家族だったり、学校だったり、会社だったり、国だったり、社会だったりすると思う。

そこを、ひとつ、ひとつ、向き合って納得していくと、ストレスがなくなってくる。

そうやっていくと、そもそも、物事に、ただ、勝手に意味付しているだけだと分かってくる。

その物事の意味付の仕方が、人によって違うのである。

嫌いな人でも、怖い人でも、何度でも、話をしていると、あっそうかという見方とかなったりする。

メンタルの強い人は、互いの意見を戦わせて、精神的な殴り合いをして、お互い納得するまで、話し合うというのも、いいと思う。

(お前も、やるな!お前こそな!という感じ。最後に握手。)

2年ぐらい前は、攻撃的な相手に対しては、ガンガンぶっかったりしていたと思う。

今は、とにかく、私の考えは、棚に上げて、出来るだけ、その人が話易いように、馬鹿丁寧に接するようにしている。

治療家の人は、分かると思うが、手の平に緊張があると、相手に緊張を与えてしまう。

指の当て方に気をつけても、肩に力が入っていると、それが伝わってしまう。

そんな感じで、身体全体の力が抜けてその上で、治療が出来るといいと思うが、なかなか難しい。(わざと、緊張させたり、反発力を利用する治療もある。)

更に、その人に対して、心に何も持っていない方がその人を、感じやすい。(先入観がない方がいい)

そうして、そんな感じで接すると、本人が、社交的な会話から、自我の会話になり、更に、奥底に持っている気持ちが出たりすろ。

だから、繊細な人程、優しく、優しく、接しないと、その人の心の奥底の部分が出てこなくなってしまう。(怖がってしまう。)

今までは、ここを意識していたけれども、段々とどの人に対しても、同じように接するようになってきている。

ライオンが好きでも、虎が好きでも、犬が好きでも、猫が好きでも、金魚が好きでも、あじさいが好きでも、ひまわりが好きでも、

それぞれ好みでいいと思う。

それが動物が好きでも、魚が好きでも、植物が好きでも、

もちろん人が好きでも、

生物が好きでも、

地球が好きでも、

宇宙が好きでも、

何でもいいと思う。

ここで、宇宙のような広い心を持たないとダメと思い、本人は、ライオンしか好きでない時に、

外側と内側のバランスが崩れている為、葛藤が起こる。

こんな時は、虎を考えてみたりする方法でもいいし、ライオンを深く考える事で何か分かるかもしれないので、

何でも、やってみると、現状が変わるかもしれない。

本人にとってやり易い方法でいいと思う。

私の場合は、昔から、やっている方法は、興味ある事に対しては、とにかく、行動する。(やらないと、後悔するので。)

興味ある事に関しては、アンテナが立っているので、それを、見つけたり、また、それをしていると、情報が集まったりする。

今を生きる為に出来る事は、今しかないので、本当は、何がしたいのか?表面的な欲求をどんどんやりつくしてもいいし、外しても、いいと思う。

すると、本当にしたい事が、何か見えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2014年6月
« 5月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30