ヘッダー

2018年 1月

この前、患者さんと話していて、ベットの下にあるワンダーコアを見て、これ買おうと思ったんですよと言われた。

ワンダーコアは、買って、全然使っていなかったので、ああ、いいですよあげますよと言った。

昨日、患者さんが取りに来た時、そのお礼に、山のカレンダーをプレゼントしてくれた。結局、物は、使わないと、意味がないし、その物にも、悪いし、その空間にも悪いと思った。ありがとうございます。(*^▽^*)

心眼流的マッサージ。

これは、前回、その人の脈のリズムを感じ、そのリズムでやるという話は聞いた。

島津先生に、「先生、これは、段々やっていると、血液の動きが分かるようになるということでしょうか!」と聞きましたら、首を縦に降って下さいました。だそうです。静脈〇、脳梗〇にも、いいそうです。

今の私のレベルでは、そうかなと思うぐらいですけど、頑張ります。

丹田(瓢腹ひさごばら)

前回、丹田の上に、もうひとつ、お腹をつくると、普通の丹田より、持続するという話を教えて頂きました。

今回は、瓢原(ひさごばら)の方が、普通の丹田より、強いというのを、実感させて頂きました。

今回も、先生は、私達の力を見ていて、それに合わせて、教えて頂いているなと思いました。

ありがとうございました。

勉強になりました。また、よろしくお願いいたします。

日曜日に、町田の島津先生の所に行った。

今回、教えて頂いたのは、隠れ腰痛と、心眼流的マッサージと、丹田(瓢腹)

隠れ腰痛とは、どこが原因で、痛いか分からないけど、腰が痛い場合。

先生は、身体のバランスで、腰痛を感じると教えて下さった。

私の場合で、考えてみると、骨盤のズレと、筋の捻じれと、筋の引っ張られで、症状が出ている方が多く、それ以外だと、腹筋や、筋膜や、足首だったりしている。

身体のバランスと考えてみると、仙腸関節とか、頭蓋骨とか、重心とか、地球を考えると、重力もあったりすると思う。

ひとつの考え方としては、この腰痛に関わる要素を全て取り除けば、症状がなくなるというもの。

別の考え方としては、昔、患者さんで、ぎっくり腰の患者さんの筋肉が鉄板のようだったけど、普段、腰痛は感じないという場合。(脳が症状を認識しなければ、いいのか?)

脳が症状を認識しない場合と、脳が満足しているという場合もあると思う。

人によって、頑張れるタイプと、頑張れないタイプ、頑張れる時と頑張れない時があると思う。

センサーも、感度が上がれば、どんどん感じる事ができ、タフさも、どんどん強くなれば、よりタフになる。

症状に対しての感度が上がって、それに対して、不満を持てば、きつかったり、怒りが出てきたり、それに対して、そういう事かと納得できれば、和らいだり、楽になったりするのかなと思う。タフさも、麻痺という感じで、感じないのも、本人や周りにとって、今は、分からないが、いつか、爆発すると、困ることになるのかなと思うし、強くなることで、余裕ができると、本人や周りにとっても心や身体にいいかなと思う。(そうは言っても、松岡整骨院では、とにかく持てる力を全て出して施術しますので、安心してください。)

 

 

プレジデントという雑誌で、「24時間の使い方」というタイトルで特集が組まれていた。

サブタイトルで、グローバルエリート300人徹底調査と書かれていたので、この人達が、どういう時間の使い方をしているか興味をもったので、買ってみた。

感想として、忙しい人は、いろんな事をしなければいけないので、時間について考える。そして時間を大事にして、時間に対しての哲学を持つのかなと思う。

この雑誌の中で、一人の社長が、グーグルカレンダーに、全ての予定を入れているので、一元管理できていると書いてあった。その中で、予定をとにかくいれて、その予定に向かって、行動する内容を予定としていれて、無駄に考えるのを、少なくし、行動するとあった。(行動する中で、考えていくというやり方。)

もう一人の社長は、こう書いている。

かっての日本であれば、「おおよそこれくらいの仕事を、だいたいいつごろまでに」といったやや曖昧な業務項目や達成項目の中で現場が動いていた側面がある。私はそのやり方に肯定的なのだが、最近は仕事の設計や組み立てを精緻に行い、可視化するといった仕事のやり方が身についていないと、ビジネスの世界では、通用しないシーンも多くなってきた。

これを、踏まえて、この社長は、グーグルカレンダーで、スケジュールをみんなに公開し、予定をいれてもらう、社長自身の絶対空けれない時間は、ブロックしている。また、部下のスケジュールも公開されている。

 

この内容を読んで分かる事は、時間には、私の時間があり、それを、しっかり把握しているか、そして、私と関わる相手の時間がある。それも、把握しているか。

これを、人生で考えると、例えば、両親がいて、結婚して、子供がいる男性だとすると、両親にとっては、可愛い子供(憎たらしい場合もある。笑)であり、奥さんにとっては、ご主人であり、子供にとっては、父親であり、会社にとっては、社員であり、友人にとっては、友達である、そして、趣味を選択できる個人でもある。

と考えると、一人の人間でもあるが、いろんな世界と関わっている。その世界が分かった上で、総合的に判断すると、本人なりに、納得しやすいのかなと思う。逆に、葛藤や、トラブルが起こるのは、ひとつの世界しか見えていないとなるのかなと思う。

(相手のことが分かると、今まで、許せなかったことが、何か許せることもあると思う。その許せた分だけ、本人も楽になっている。)

 

 

 

 

みなっしーに、「ピーナッツの煎餅が美味しくて、つい、1袋食べちゃんですよ。」と言って、煎餅をあげた。

すると、昨日の夜、仕事が終わって、帰ったのに、また、みなっしーが整骨院に戻って来た。

何か、忘れたのかなと思ってると、

「院長、これが、主人と、息子と、私が食べて、口の中で、溶けて、みんな凄いと言った、きなこ餅ですよ」と言って、お菓子を差し入れしてくれた。

確かに、食べたら、ぱっと、口の中で、無くなった。これは、美味しい。つい、半袋食べてしまった。

ありがとうございます。

お菓子で、喜べる、そんな幸せもあると思います。 (*^▽^*)

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031