ヘッダー

2017年 2月

小林健先生の「長生きしたけりゃ素性力をつけなさい」という本を読んだ。

本の中で、

私の治療の根底には、「人間に病気はない」という基本的な考え方があります。

私達が「病気」と呼んでいるものは、体が発している「警告」だからです。つまり、本格的な病気や悪化を防ぐための反応です。

おすすめしたい六つのライフスタイルとして、

①少塩多酢

②少肉多菜

③少食多噛

④少糖多果

⑤少怒多笑

⑥少煩多眠

そして、小林先生の七つのテクニックの中に、私達人間の道というのがあります。

小林テクニックのなかでも最も大切なのが、それぞれの人にご自分の「道」について考えていただくことです。私がたどりついた「私たち人間の 道 」という考え方は、祖父に習ったカバラ医学、形而上学(けいじじょうがく)、そして58年間にわたる患者さんとの心と体のふれ合いなどから得たものです。太陽や星、木や草、雨、動物たち、空気や水にさえも真に感謝して、日々豊かにジョイフルな人生を送っていくことは、心身ともにすこやかに過ごす基盤です。そのためには、自分の好きなことを大切にしたり、充実した納得出来る生き方を模索したり、人とのつながりの中で自分も人も生かしていったりということの積み重ねが大事です。決してむずかしく考える必要はなく、「楽しく自然にライフスタイルを考えていく精神学」です。それによって、自然に免疫力も高まっていきます。そのことを患者さんと同じたちばで伝えていくのが、私の「道」だと思っています。

 

本を読んだ感想としましては、

よく、人は、一人では生きていけないと言いますが、(一人で生きていける人はそのままで大丈夫です。)人と関わって、生きていく以上は、バランスをとりながら、生きるのが、結局は、私の為になります。その時、本音で話すのが大事です。気の荒い人は、相手の人が本音で話せるように、優しく接してあげてください。そうしないと、相手の人が怖がって、本音を話せません。これでは、相手の方に不満が残ってしまいます。また、気の弱い方や、お優しい方は、これを、言ったら、相手の方に悪いかなと思うかもしれません。でもこれを、言わないと、自分自身が不満を溜めてしまいます。自分が正しくて、相手が間違っていると思う人は、そんな相手の話は、非常に話が聞きづらいでしょうが、とりあえず、自分の考えを棚上げして、相手の話を聞いてみてください。聞いても意味が分からない時は、もう少しなぜそういう考えを持つようになったか、聞いてみてください。それを、どんどんやっていくと、ああ、そういうご事情でそうなったのが、分かると思います。そうすると、今までは、受け入れることが出来なかった考えが、ああ、そんな考えもあるんだと思えるようになってきます。そういうことをやっていくと、私の世界が広がっていきます。だから、人と向い合うことは、結局は、私の為になります。そうやって、みんな本音で、話合うことが出来れば、みんな納得の結果が生まれると思います。

 

素性は非常にデリケートなもので、「その性質は『愛』だけ、『生きる』だけである」そうです。(*´∀`*)

 

 

斎藤一人さんの微差力という本を読んだ。

この微差の事をこう書いている。

この微差、笑顔だったり、言うことが肯定的だったり、着ているものが華やかだったり、するだけで、この微差が掛け算になってくるのです。ものスゴイ、結果が違ってきちゃうんですよ。ホントに、仕事でも、日常生活でも、いろんなことが違ってくるのです。

そして、何でも、ものには道理があります。その道理どおりやれば人生はうまく行くようになっています。

まず、自分の為、次に人の為、最後に社会の為にやるとうまく行く。

こうも書かれています。ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、しあわせ、ありがとう、許します。この天国言葉を口にし、天国思いをすることによって、出る波動が違い、人相が違うと、呼び寄せる現象が違う。いい事が起きるのです。

そして、お弟子さんに対しては、人の個性を否定しないという気持ちを持っていました。

だから、私は、お弟子さんたちの個性をいじりませんでした。全員、個性が違うんです。そのなかで、一人ひとり、しあわせになる。これが私の基本路線で、私の教えです。だから、ウチの人たちって、みんな明るいんです。

と書かれています。

これを読んで思いましたことは、微差とは、書いてありますが、この微差こそが大事なこと。

しあわせは、本人が思えばしあわせになれるし、その時、私を大事にし、人を大事にし、社会を大事にすれば、より大きなしあわせになると思いました。

そしてポイントとしては、私の心持ち次第で、楽しくなったり、苦しくなったりすると思いました。

いろんな人を見ていますと、ちょっとのことでも、感動する人もいますし、結構凄いことでも、心が動かない人もいます。

人に対して、向き合うと、いろいろ気づくことがあります。それは、人の事に気づくというより、本当は人を通して、私のことに気づくということになります。

道理が分かっている人は、微差が大事というのを知っています。

素直な人は、微差をやってみます。

じゃない人は、微差をしません。 (笑)

 

みなっしーから、京都のお土産で、京都で有名なパン屋さんのアンパンを頂きました。

ありがとうございます! (*´∀`*)

 

 

 

最近、昼は、毎日、玉ねぎ、人参、卵2個、納豆2パックに、お肉か、お魚を食べている。

そんな生活を、毎日していると、何か、納豆美味しいなと思うようになった。

そうして、いつか、藁の納豆買ってみようと思ったり、納豆専門店に行ってみようと思ったりしている。

そして、考えた、究極の納豆があるのではないか?

インターネットで、究極の納豆と、検索してみた。

それで、出来てきたのが、食の極みー魯山人納豆鉢である。

箱に、魯山人の教えが書いてある。

1、納豆を器に取り出し、何も加えずよく練る。

2、糸がたくさん出てかき回すのが硬くなるまでよく練る。

3、硬く練り上げたら、醤油を加えてさらに練る。

4、最後に辛子薬味を加えてさらに練る。

魯山人納豆鉢には、2つのモードがある。

魯山人モードと、我流モードである。

魯山人モードには、こう書かれている。

壱、

まずは、ひたすら、ハンドルを回すべし!

倍速で攪拌!!

手を抜くな!

気合だ!

確かに、手を抜くと、人生、後悔するかもしれない。

こんな所にも、人生を生きるヒントがある。

弐、

何と、目盛りが、「醤油」を指すと、醤油扉が自動開放!

305回で、開くみたいである。

醤油を入れ、扉を閉じよ。

そして、再びハンドルを回すべし!!

参、

更にハンドルを回すべし!

極めよ!

再び扉が開いたら

魯山人納豆完成!! (424回)

お好みで辛子や薬味を加えて軽く混ぜお召上がりください。

我流モードは、無限にかき混ぜられるモード。

あなただけの究極の納豆を探究出来る!

と書かれている。

納豆が嫌いな人には、何の興味のない話かもしれない。

でも、幸せは、こんなちょっとしたところにあるみたいです。

探してみてください!

 

(*´∀`*)

 

 

みなっしーから、誕生日プレゼントに、野菜を簡単に水切りする道具と、人参を麺のようにする道具から頂いた。

以前、野菜の水切りの話をしていたのを、覚えていてくれて、プレゼントしてくれたようだ。

流石、みなっしー、相手の求める所が分かっている。

ありがとうございます!

毎日、使います。(*´∀`*)

 

 

黒澤さんの「ラブ、安堵、ピース」という本を読んだ。

内容は、老子の道(タオ)という教えが、黒澤さんの解釈で、分かりやすく書いてある。

感想は、事象をみんなは、いろんなものさしで見ていて、そこにあるのは、事象だけなのですが、いろんなものさしで見ていることで葛藤をつくっている。

ものさしを解釈という言い方をしています。

ものさしは、その人の基準なのですが、そのものさしをどんどん無くしていくと、目の前の世界がより、ありのままに見えます。

そのものさしがなければ、ないほど、自由度が大きく、いろんな人の話が入ります。

ものさしの無い人と接すると、気づきが生まれたりします。

以外と、みんなが知らずにやってしまっているのは、我というと、ワガママは分かりやすいのですが、法律とか、ルールとか、道徳とか、これを、守らなきゃおかしいでしょうと思ってしまうことです。こうしなきゃとダメでしょと思った時、それは、価値観になります。そして、これは正論ということで、相手のいろいろな状況を考えず、その正論で、人を傷つけてしまいますことがあります。この時、相手を見ていません。果たして、そこに愛はあるのでしょうか?

本の中で、君から「自分」という境界消えたときに明らかになる、あるがままの存在の本質、そして、それを永遠に動かし続けているエネルギー、それが「タオ」なんだ。と書かれています。

 

とすれば、普段の生活の中で、私(個人)がいろいろ重ねて物事を理解していく(腑に落とす)というやり方でなく、ひとつ、ひとつ、私(個人)の中にあるものさしを外していくということで、私(個人)と世界でなく、あるのは、世界だけになるのかなと思います。

ものさし、こだわりがあるから、ありのままが見えない。こだわりが少なくなればなるほど、いろんなことが見えてくる。

人生には、こだわりを追究していくというのが、あると思います。これを、常に、持てる力全て出していくと、後悔がないので、納得の人生が送れると思います。

もうひとつは、逆に、このこだわりをひとつ、ひとつ外していきます。そうすると、どんどん見える範囲が広がっていきます。いろんな仕組みが見えてきます。なんだそういうことか、みたいな。これも、楽しいと思います。

 

どちらでも、お好きな方を!  (*´∀`*)

 

 

 

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728