ヘッダー

治療

日曜日に、横浜で小林健先生の量子波のセミナーに参加した。

3年ぐらい前から、このセミナーには、参加してみたくって、一度、小林先生には、会ってみたかった。

3年前のこの時期は、丁度、無償の愛というのを、今の時代、治療に使っている人がいるんじゃないかと思って、インターネットで、調べてみた。その時、小林健先生をみつけた。そして、セミナーに申し込もうとしたが、すでに、満員だった。(やはり、アンテナ感度の高い人は、みつけるんだなと思った。)

今回、小林先生は、自分らしく生きる!

自分らしく生きると、自分が輝きだす!と言っておられた。

自分を大事にする。

食べ過ぎない。

寝ないのダメ。

行動が全て。

悪いことを言われても良い感じで返す。

「肥ってるね。」

「はい。豊かです。」

嫌なことをし続けない。

今、できることをやる。

自分が思ったことをすぐやる。

毎日 継続する。

いつも自分のやっていることが輝いているといい。

人間はパーフェクトでないから。

何でも、一個でもいいからやる。

I am I

being doinng

あなたでなければダメ。

今回、小林先生のお話で、特に、自分が輝く、人間は不完全という言葉でした。

私的な感想は、自分が輝く為には、人間は、不完全という所を認める。

その上で、行動する。今の余裕のない状態(状況)は、愛の足りない、毎日の積み重ねの結果。

ただ、これを、いきなり変えるのは、強い精神力や、行動がいるので、大変。

でも、いきなり、10や、5の行動は、無理でも、人間は、つい、怠惰になったり、楽に流される気持ちもあるのは、不完全だからと思えれれば、1や、2の行動だけでも、今より、少し変わることができている。そして、それを、続けていると、いつのまにか、今までの億劫だった自分とは、違っている。(意識が変わっている。)

そして、自分が輝きだせば、それを見た人も、そうだなと思う。

正しく、輝いている小林先生の言葉は、純粋にその人の心に、自分が輝くのは、いいですよという想いを届けていると思う。先生のキラッキラッの感じ素晴らしいと思います。ありがとうございました。(*^▽^*)

 

 

少し前に、みなっしーに、Twitterの反応が全く無いので、どうしたらいいか?聞いてみた。

すると、みなっしーが、「院長に申し上げたいことがあります!」と強く、言ってきた。

これは、もしかして、怒られちゃうのかなと思った。(あまり強く言われると泣いちゃうよ。笑 )

みなっしーは、6つあるとのことだった。

1、交通事故専門院というのを変える。

確かに、昔、ホームぺージをつくってもらった時は、それでもいいかなと思ったけど、最近は、患者さんから、専門というと、他の症状の人が来づらいじゃないですかという指摘を受け、そうかなと思っていた。

2、身体の痛い場所するをアピールする。

これは、接骨院とか、治療院とかで、やっている所も多い。ただ、みなっしーが、院からのメッセージ発信より、患者さん目線のアピールと言われた時、そうかなと思った。

3、値段は、載せない。

分かりやすく、メニューと値段を載せていた。

実際、来られる患者さんは、辛い症状で来られているので、そこに、値段を書くと、症状の改善より、値段の比較になってしまうと思ったので、それも、いいなと思った。

4、駅の看板を貼る。

駅に看板を出して、というのをやってみた。(13カ月)

宣伝という意味では効果は無かった。これの意味としては、駅に看板を出すことで、そのお店の信用度のアップというものかなと思った。みなっしーからそういう案をもらい、駅の看板は、実家に送ったので、また、こっちに送ってもらって、更に、貼ってもらうのは、大変だなと思った。その話をお世話になっている看板屋さんに、すると、先生、看板を貼らなくても、そのデータをフィルムに印刷して貼ればいいですよと教えてくれた。これで、この問題クリアー。

5、受付のドアの所の目隠し。

みなっしーに、よると、受付のドアが透明なので、通る人と、視線があってしまうので、通られる方が気にするんじゃないかとのこと。そうだなと思った。

6、WELCOMEのプレイト。

今まで、開いている時間は、OPENのプレイト使っていたが、みなっしーがWELCOMEのプレイトの方が、向かい入れる感じがして、いいんじゃないですかと言われ、そうかなと思った。いろいろ探してもらったが、いいのがなく、みなっしーが家族で、旅行に行った時、手作り体験の所で、WELCOMEのプレイトを作ってきてくれた。本当に、ありがとうございます!

 

今回、みなっしーが提案してくれたことは、ひとつ、ひとつが、本当に、そうだなと思えたので、全部やってみようと思った。

みなっしー、いつもありがとうございます!本当に、みなっしーのセンスは、素晴らしいといつも思っております。これからも、院長の気づかない所が多々あると思いますが、頑張っていきますので、フォローをよろしくお願い致します!

(*^▽^*)

 

 

日曜日に、東京の町田の島津先生の所に行った。今回は、足首の調整と、島津先生の身体のマッサージをして、先生から、あーだーこーだーと、指摘してもらう。(笑) 有り難いことです!先生にとっては、下手なのを受けるのは、苦痛だと思いますが、お弟子さんの為に受けてくれています。今回、先生に質問したかったのは、前回、活と殺の身体の使い方は、同じということだったので、この違いは、意識の違いだなと思って、確認しました。やはり意識の違いだそうです。私自身もうひとつ、思ったのが、私が緊張して触ると、相手に緊張を伝えることができる。同じようにリラックスしていると、リラックスを伝えることができる。では、全身全霊で緊張した状態が、なぜ、リラックスになるかが分からなかった。そんな時、夜、NHKの再放送で、瞑想をやっていた。その中で、瞑想状態と同じなのが、ダーツとのことだった。その話を聞いて、集中を続けていると、没頭して、そうなるんだと思った。ああ、これか、だから、相手にリラックスとして、伝わるのかと思った。それで、先生に、全身全霊の緊張がリラックスとして伝わるのは、没頭するからですよねと、お聞きした。先生、曰く、「ちょっと、違うんだけど」 あれ?違ちゃった。 視点が違ってるようです。

もうひとつ、今回、衝撃的だったのは、初めて、悶絶した。今まで、先生から、痛い場所を責められても、(加減してもらっていると思います。)ああ、大丈夫です。丈夫ですからと言っていたが、太ももの内側を責められたら、おおって、言っていた。流石に、これは、何かと思って調べたら、閉鎖神経だった。私自身、患者さんの内ももを施術したりして、痛いのは、知っていたつもりっであったが、痛いのを、凄く、実感した。たぶん、先生は、神経を緊張状態にして、痛みの感じるレベルを上げて、感じるようにしていると思う。家に帰ったら、一時的に、神経痛の状態で、筋肉が緊張状態になっていた。流石、活法であり、殺法だなと思った。

まだまだ、知らないことがたくさんあると思う。それを、少しづつ、できるようにし、患者さんに、還元し、日常生活でも、活かしていきたいと思う。(*^▽^*)

土曜日の夜に、まこと先生が、お土産を持って来られた。今の店舗は、今月までとの事だったので、いろいろお話をした。私自身は、一度、先生の施術を受けてみたかったので、全身の調整をお願いした。先生の話では、頭の歪みと、鼻が曲がっているのと、噛み合わせと、骨盤の歪みがあるとの事だった。やって頂いて、上手くバランスが取れている感じがする。施術は、一時間ぐらいだったが、先生が、夜の10時前に来られて、いろいろな話をしていたら、日が昇っていた。(朝、7時)お土産ありがとうございました。いろいろ勉強になりました。(*^▽^*)

日曜日に、東京の町田の島津先生の所に行った。

今回は、丹田と、首と、マッサージと膝を習った。

女性の方が、お腹を痛めた時は、どんな感じですか?と質問した。

先生は、それでは分からないと仰った。

もうひとりの方が、そんなの活法やればすぐだよと言った。

時間が経ってから、先生に、「先生!同じ腹筋と言ってもみんなそこに対する考えは、いろいろだから、その状況を言わないと、ダメですよね。先生の場合は、その状況を言ってもらえれば、先生の経験に基づいて、答えてくれると思いますし、女性の方の場合は、どのくらいで、良くなるかを知りたいと思っていると思いますが、実際の状況を言えば、答えてくれますし、自分の事で、聞いちゃ悪いと思わないで、聞いてくれる事がみんなの為になるんですから。」と言いました。先生は、質問は、何を聞きたいか、絞らなきゃと仰っておりました。(私も昔は、漠然と質問していたと思います。)

終わり頃に、先生に、「柳の合気と、殺は、どう違うんですか?」と質問した。「同じだよ!」(不用意な発言をしてしまったか?😞)この時は、考えなしに、柳の合気は、愛の感じなので、愛と殺がどう関係しているんだとつい、思ってしまって、先生は、どう考えているんだろうと思ってしまった。確かに、柳の合気を発動させるには、全身を緊張させて、気合をいれた状態で、手から柳の合気が出る。それを、受けたものは、安心感を感じる。(愛な感じ。)とここで考えたのが、例えば、目の前に、死にそうな人がいる。その人を絶対助けたい!その時、全身全霊をもってのぞむと思う。これが、柳の合気ではないかと思う。一方、生きるか、死ぬかの戦いがあるとする。(平和な日本では、あまりないと思いますが。)この時も、全身全霊で、のぞむか、恐怖で、動けないか、愛でつつむか、かなと思う。この時の両方の場合の全身全霊は、どちらも一体となっていると思う。ただ、向き合っているのが、生か、死かの違いではないのかと思う。次回、この辺が質問できたらいいなあと思う。(生死は、表裏一体。)

今は、こうして有り難い事に、いろいろ質問させて頂いておりますが、先生のお弟子時代は、聞くことが出来ず、違ったら、パシッ!バシッ!だったそうです。そこで、痛みと、ともに、間違わないようになったそうです。今の世の中は、痛みの刺激は、苦手の人が多いですが、この刺激が変化を起こすようです。世の中は、どんどん便利になって、楽な方に、楽な方に流れている気がしますが、この簡単なとか、安易という事が普通になることが、いろんな当たり前になっていて、感謝というのが、なくなるのかなと思います。(当たり前が多くなると、逆にいろんな事が面倒くさくなる。)

昔の人の精神性に触れると、よく考えてるなとか、何か感動します。一生懸命生きていると、充実しますが、命がけで生きてると、生きてるって身体の中から感じます。(*^▽^*)

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031