ヘッダー

腰痛、肩の痛み。の記事

日曜日に、磯さんのフラワーオブライフのワークショップに行った。

以前、行徳の先生の講演会で、磯さんが飛び入りで、話をされて、帰りに磯さんと少しだけ話せた。その時、フラワーオブライフという言葉を聞き、この言葉は、本質だなと思った。そして、今年の目標のひとつは、磯さんのお話を聞く事と決めた。

午前中は、物の見方の話だった。苦しみの根源。比較・競争 判断・評価 偶像崇拝 違っても、それを比べるのか?それを認め合うのか?ここをクリアするだけでも、だいぶ人生は楽になる。形が違っても、周波数は同じとか、状態は違っても、同じものとか。(水、水蒸気、氷)何を基準にするかで、変わる。ミクロとマクロ。こころに残った言葉は、苦しみを喜びに変えるという言葉と、抱き参らせる、自分も含めみんな幸せにする。

ワークショップでは、このフラワーオブライフを立体的に作るということをやった。綿棒とボンドで作るのだが、こっちをくっつけると、あっちがとれたりして、結局、完成はしなかった。これをやってみると、見事に私の考え方(人生)が、反映されているのが、分かった。まず、1が分かり、それが、2になって、最後に全体3になるのを、やってみたかった。これで、上手くいかないのが、分かって、全体を見てから、やろうと、修正した。(時間切れ)

個人的な感想としましては、みんな未来が分からず、その中で生きている人が多いと思いますが、このフラワーオブライフを作っている(創っている)と今の私の在り方が分かり、全体の中での私の在り方がどういうことかが、分かっていくと思います。強引に自分の力だけで、進めても、それでは、上手くいかない。私自身のことで言いますと、いろいろ分かっているつもりですが、それは、今までの知識、経験の中での話で、上手くいっていただけの話で、もっと、大きな世界に触れると、上手くいかないものかなと思いました。(井の中の蛙大海を知らず。)

ざくっとした言い方をしますと、小さな世界では、パワープレイや、駆け引きや、その場だけというやり方も通用するかもしれませんが、(だいだいで通用する。)世界が大きくなれば、なるほど、細かくなけらば、ダメ。という事は、世界がマクロになれば、なるほど、ミクロが分からなきゃいけないのだなと思いました。これに、気づくということが出来てよかったです。

磯さんは、恥をかくといいと言っていました。自分自身を邪魔していたのは、自分自身だということです。

フラワーオブライフは、一見すると、工作のように見えるかもしれませんが、私というもの気づき、どういう方向で生きていけばいいかの、道標になる気がします。勉強になりました。ありがとうございました。(*^▽^*)

 

みなっしーが、土曜日から、「院長、来週雪降ると、いいですね。」と言っていた。

今日も、「院長、雪降って大変ですね。」といいながら、嬉しそうにしていた。前回の大雪の時に、家族と雪だるまをつくったと言っていたので、私が雪かきした後、「雪だるまつくってもいいですよ」と言ったら、「楽しいですね。楽しいですね。」と喜んでいた。

さて、どのくらい積もるんでしょうか? (*^▽^*)

みなっしーから、お菓子の差し入れ頂きました。

ありがとうございます。

(*^▽^*)

最近、新患の患者さんで、ヨガをやっているOLさんが、腰が痛くて来たりする。

今まで、ヨガをやってるOLさんは、ヨガをやってて、調子が良かったが、やらなくなったら、調子が悪くなったという話は、聞いていたので、何で?と思った。

患者さんを見て、分かったのが、その患者さんの今の状態で、思いっきり頑張る、そして、調子が悪くなり、いよいよダメだと、松岡整骨院に来る。

ポイントは、ああ、今の状態が分からないんだというのが、分かった。今の状態が分からないから、無理してしまう。そして、痛くなってしまう。

筋(筋肉、靭帯)は、筋は、捻じれたり、引っ張られたりする。学校で、医学的に、捻挫は、筋を捻って痛めたと習う。だから、ぎっくり腰の時、昔は、疲れが溜まっていると、中腰で、筋(筋繊維)を痛めた。と思っていた。だから、安静にしたり、冷やしたり、固定をしたりした。この時、いつも、患者さんが、あいたた!で、来て、あいたた!で帰るので、無力感を感じていた。(固定したり、冷やした分は、少し軽くなる。)そうは、いっても、周りもそんな感じだったので、そういうものだと思っていた。実際は、その捻じれた状態、引っ張られた状態が、痛みをつくっていた。だから、そこを改善すると、痛みが変わる。

私的な、筋の説明は、水道のホースが捻じれてると、水の流れが悪いでしょうと言ったり、関節の所で、筋が真っすぐだと、動きがいいけど、捻じれてると、動きが悪くなり、引っ張られいると、痛かったり、動きが制限されたりしていると伝えている。(以前、捻じれている筋を真っすぐにしたら、干からびた筋に栄養がいきわたって、みずみずしい感じになった。)

ということを、前提で、お話をすると、今の状態が、筋が捻じれたり、引っ張られていたりしている。その制限された状態で、いくら動かしても、あくまでも、制限された範囲の中でしか動かしていない。人によって、今の状態が違う。

筋は、同じ方向ばかり使っていると、そっちの方向に捻じれる。使っていると、強くなり、使わないと、弱くなる。人によって、ひとつの動作で、使えている筋の数が違っている。そして、関節も、詰まっている人もいる。だから、人によって、身体のバランスが違う。(私も私の分かる範囲でしか、分からない。)

結論として、スポーツをする人や、身体を使う人は、まず、ベースを整えてから、望むと、運動能力は、アップしたり、怪我の予防になったりするので、身体を整えることは、大事だと思う。

 

松岡整骨院の理想。

 

小さい頃、出来の悪い、私で、父親には怒られていたが、それでも、母親は、それでもいいんだと認めてくれた。高校の時、学校に通う意味が分からなくて、辞めようと思ったが、親友の山ちゃんがいたので、頑張れた。整骨の学校の時は、悪友の金ちゃんがいたので、頑張れた。今は、いろんな人に助けられたりしながら、生活をしている。

患者さんが、痛みとか、症状を抱えてやってくる。この症状があるから、生活が出来なくて困るんです。と言う。患者さんで、痛みが50パーセント以下になって何とかいけそうという人と、1パーセントで、違和感がるので、ダメという人がいる。身体が悪いから、人生が上手くいかないという人がいる。確かに、そういう方もいる。また、身体が悪いというのを、言い訳にしている人もいる。私も小さい時、母親に泣きごとを言っていたと思う。言い訳をして、弱音を吐いてもいいと思う。それが、親がいるから、子供がいるから、友達がいるから、愛する人がいるから、頑張れるというのが、あると、人生は、輝くのかなと思う。

そこで、松岡整骨院は、先生何とか、頑張れそうですという関係でありたいと思う!

その為には、人格をもっと、磨いていかないといけないなと思う。

たまに、ちっとも良くならない!とか、罵詈雑言を浴びながら。これは、ダメか! 笑

 

 

 

 

 

 

近所の整形の先生から、お菓子が届いた。

ありがとうございます!

いつも、お世話になっております。

みなっしーと食べます。

(*^▽^*)

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031