ヘッダー

2018年 3月

今日、NHKの朝ドラの「わろてんか」が終わり、昨日、「あさイチ」という情報番組が終わった。

最近は、朝ドラを観るのを、楽しみにしていて、生活の一部になっている。そうして、朝ドラが終わると、「あさイチ」の番組になり、そこに出ているイノッチと、有働アナウンサーが、朝ドラの感想をちょこっとしゃべる。それが、なんともほっこりしていて、気分がいい。この朝ドラと、ふたりの感想が、セットで、朝から癒されている。(実際、あさイチは、そこだけしか観る時間がないので、三分ぐらいだと思う。)

普段の生活のちょっとした所に、癒しがあると思う。

明日から、4月になりますが、いつも通り頑張っていこうと思います! (*^▽^*)

日曜日に、東京の町田の島津先生の所に行った。

今回は、丹田と、首と、マッサージと膝を習った。

女性の方が、お腹を痛めた時は、どんな感じですか?と質問した。

先生は、それでは分からないと仰った。

もうひとりの方が、そんなの活法やればすぐだよと言った。

時間が経ってから、先生に、「先生!同じ腹筋と言ってもみんなそこに対する考えは、いろいろだから、その状況を言わないと、ダメですよね。先生の場合は、その状況を言ってもらえれば、先生の経験に基づいて、答えてくれると思いますし、女性の方の場合は、どのくらいで、良くなるかを知りたいと思っていると思いますが、実際の状況を言えば、答えてくれますし、自分の事で、聞いちゃ悪いと思わないで、聞いてくれる事がみんなの為になるんですから。」と言いました。先生は、質問は、何を聞きたいか、絞らなきゃと仰っておりました。(私も昔は、漠然と質問していたと思います。)

終わり頃に、先生に、「柳の合気と、殺は、どう違うんですか?」と質問した。「同じだよ!」(不用意な発言をしてしまったか?😞)この時は、考えなしに、柳の合気は、愛の感じなので、愛と殺がどう関係しているんだとつい、思ってしまって、先生は、どう考えているんだろうと思ってしまった。確かに、柳の合気を発動させるには、全身を緊張させて、気合をいれた状態で、手から柳の合気が出る。それを、受けたものは、安心感を感じる。(愛な感じ。)とここで考えたのが、例えば、目の前に、死にそうな人がいる。その人を絶対助けたい!その時、全身全霊をもってのぞむと思う。これが、柳の合気ではないかと思う。一方、生きるか、死ぬかの戦いがあるとする。(平和な日本では、あまりないと思いますが。)この時も、全身全霊で、のぞむか、恐怖で、動けないか、愛でつつむか、かなと思う。この時の両方の場合の全身全霊は、どちらも一体となっていると思う。ただ、向き合っているのが、生か、死かの違いではないのかと思う。次回、この辺が質問できたらいいなあと思う。(生死は、表裏一体。)

今は、こうして有り難い事に、いろいろ質問させて頂いておりますが、先生のお弟子時代は、聞くことが出来ず、違ったら、パシッ!バシッ!だったそうです。そこで、痛みと、ともに、間違わないようになったそうです。今の世の中は、痛みの刺激は、苦手の人が多いですが、この刺激が変化を起こすようです。世の中は、どんどん便利になって、楽な方に、楽な方に流れている気がしますが、この簡単なとか、安易という事が普通になることが、いろんな当たり前になっていて、感謝というのが、なくなるのかなと思います。(当たり前が多くなると、逆にいろんな事が面倒くさくなる。)

昔の人の精神性に触れると、よく考えてるなとか、何か感動します。一生懸命生きていると、充実しますが、命がけで生きてると、生きてるって身体の中から感じます。(*^▽^*)

日曜日に、山梨県の百蔵山に山登りに行った。

今回も山で、鍋にインスタントラーメン入れてつくるということだったので、具は、どうしょうかと考えた。

前回は、サッポロ一番塩ラーメンで、具は、ウインナーと、冷凍の野菜のミックスだった。実際は、熱!熱!で、スープが薄く感じた。リーダーも薄く感じていたらしく、それは、野菜の水分とのことだった。(私は、リーダーが水を入れるのが多かったのかと、こっそり思っていた。笑)

で、今回の具は、スープ餃子と、ウインナーとなった。感じとしては、ワンタンみたいなになるのかなと思っていた。まず、鍋で、餃子と、ウインナーを茹でて、スープをつけてみた。なかなかの絶品な感じになった。そして、その後、麺をいれて、塩ラーメンを食べた。今回は、ばっちし上手くいった。

更に、食べてすぐに、コーヒーも飲んだ。その時のお菓子は、みなっしーから頂いたものだった。もう、本当にお腹いっぱいで、苦しかったが、下山となった。(3時間15分)

天気もよく、登山客も多く、いい感じの山登りとなった。(夜の10時には、寝てしまった。)

今回、山を登って、ふと思ったのは、普段の生活で、目の前に波があって、その波は、高くなったり、低なったりして、そこに高い所の部分と、低い所の部分があって、その高い部分だけを見ている人が、ポジティブで、(低い部分は、見えてない。)その低い部分だけを見ている人がネガティブで、(高い部分は、見えてない。)ただ、そこには、波があるだけかなと思った。

 

さて、次回は、何の具にしようかな?と思っている。(*^▽^*)

人生とは、根本の流れがあり、そこに対しての私達の個の在り方が、現象をつくり、個の認識が幸、不幸をつくっているのかなと思っている。根本の流れ、個の在り方の流れ、個の認識の流れの三つの動きがあるのかなと思っている。(透明な流れ対して、青い光を当てると、青い世界が出現し、赤い光を当てると、赤い世界が出現し、その世界を見て、何か思う私がいる。)

これを、普段の生活で、言うとすれば、私達が行動する時、認識している意識は、今ある物事に対して、こうだなと思っている意識。(個人、個人の認識の仕方が違っている。)今ある現象を創りあげているものが、個の在り方の意識。そして根本の流れがある。(これが、完璧に分かればいいなといつも、思っている。)

個の在り方が、しっかり分かれば、人生は、不安がないと思う。(個の在り方と、個の認識が一緒。)

(この考えの少し前の時は、人は、動きを、写真で撮っている。そこで、固定して、認識している。その固定された認識を持って、動きを見ている。だから、本当は、変化している物事を、固定したまんまの考えだから、受け入れづらい。この認識は、固定していると思っていた。)

これを別の言い方でするとすれば、普段、人生において、生活していて、いろんな事が起こる。その起こる事を、私自身が起こしているというのが分かれば、楽なのになあと思う。

人生は、私が世界と関わっているような感じだけど、実は、その人が創りあげた世界で、生きている事を人生というのかなと思う。

まあ、なんだかんだ言っても、日々の生活の中で、活用していかなけば、ただの想像になってしまうので、こつこつ出来る事を頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

例えば、ここに、一組のカップルが居て、彼がネガティブで、彼女がポジティブだとする。そして、ここに、大きなコップがあり、水が半分だけ入っている。この時、彼は、何だよ、水半分しかないじゃないかと思っている。彼女は、半分もあるから大丈夫と思っている。この時、彼女は、大丈夫と思っているけど、それを言ったら彼氏が怒っちゃうので、それに、従っている。これを、妥協という。(我慢している。)また、この時、別のポジティブな彼女は、そんなのいちいちくよくよしないで、この半分の水でやってきましょうと押し切る。この時、彼は、心配だなと思いながら、そうは言ってもどうせ彼女には、俺の気持ち分からないだろうと思って諦める。これも、妥協している。

人は物事を自分の見えている所で、見ている。彼は、水がない半分の所の不足している部分を見ている。彼女は、半分のある所、足りてる部分を見ている。物理的には、ただ、コップの水が半分という事だけれど、そもそも二人の見ている所が違っている。だから、二人の世界は全く違う。

この世界が違うというのは、整骨院では、昔、施術していた時に、同じ性別で、同じぐらいの年齢で、同じぐらいの体格で、同じぐらいの怪我の程度の時、治り方が全然違った時に実感した。ポジティブな人は、治りが早く、ネガティブな人は、治りが遅い。

ポジティブが好きな人、ネガティブが好きな人。ポジティブが嫌いな人。ネガティブが嫌いな人。がいる。

ポジティブな人が、ネガティブな事を好きになるのは、難しいと思うけれど、ネガティブな人の話をずーっと聞いていると、なぜそう思うか分かると思う。この時、ポジティブな考えを持って、聞いていると、ただ、ただ、苦痛かもしれないが、ポジティブな考えを棚上げして聞いてみると段々分かるようになると思う。逆に、ネガティブな人が、ポジティブな人の話をずーっと聞いていると、なぜそうなるか分かると思う。この時も、ネガティブな考えを持って、聞いていると、そんなノー天気なとか、怖いしとか、自身ないので、できないとか思うかもしれないけど、ネガティブな考えを棚上げして聞いてみると段々と分かるようになると思う。

ポジティブな人も、ネガティブな人も、嫌いなものを、好きになるのは、難しいと思うけれど、相手の気持ちをしっかり受け止めて聞くことができれば、そのことを認めることができる。その時、世界が広がっている。

話が聞きやすい人は、愛のある人。好きな人。尊敬できる人。かなと思う。

嫌なことでも、好きな人に言われると、頑張ちゃおうかなと思う人は、結構多いと思う。

そんなきっかけでも、本人が気づくと、楽になると思う。(好きな気持ちの魔法が消えると、その言葉は、届かない。)

亭主関白とか、かかあ天下とか、そんなパワーバランスがあると思うけど、それで、お互いが幸せならいいと思う。(私の実家は、亭主関白。個人的に思いますことは、一見、亭主関白のお家だけど、実は、奥さんが上手く家庭がいくように、ご主人を立ててるけど、裏で、実権を握っているというのが、面白いなと思っています。母親には、よくそうささやいておりますが。母親は、本来は、かかあ天下を希望なので、なかなか難しいようです。笑)

人生、いろんなご縁で、いろんな出会いがあると思います。その時、どう向き合うか?どれだけ真剣に向き合えるか?    かなって思います。

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031