ヘッダー

2015年 8月

大和田菜穂さんの「すでに愛の中にある」という本を読んだ。

なかなか深い!

自己意識(私)というのは、脳が作り出した幻想です。

と書かれている。

一般的に私がいて、相手がいて、世界があってという感じで暮らしていると思う。

私という時、この肉体を持っているのが、私と認識している人が多いと思う。

以前から、良く浮かんだ考えは、もし、みんながゼロの状態で生まれて、これは、こういう事ですというデーターを

入力され、ある出来事があり、それに、反応したり、本人が学習したりしたりして、人生を送ったとする。

例えば、この時、二人の人が肉体も、入るデーターも、同じで、全く同じ条件で出来事が起きたとすると、同じ考えになると思う。

本人的には、自分で考えて行動していると思っているのだが。

みんな私という肉体をもったこの身体で、世界を見ている人が多いと思う。

そうすると、私と世界とか、私とあなたとか、私と私以外というものを創ってしまう。

そんな感じで暮らしている人が多いと思う。

良く、人生は、決められているとか、決められていないとかという話がある。

人生が決められているならば、頑張ってもしょうがないと思う人もいる。

人生が決められていなければ、頑張れば、より良くなるので、頑張りたいと思う人もいる。

大和田さんは、{すべてひとつのエネルギーが形を変えた現れたものです。目に見えるもの、見えないもの、感覚や音、思考、イメージその他

この世にあるものすべては同じ一つのエネルギー(私はライフと呼んでいます)の表現であり、本当は、分離というのは存在しません。

実際は、ただ、「全体」があるだけで、独立した個人というものも存在しません。そして、時間というものも存在せず、あるのは無時間の空間のみです。

また、何かをコントロールしている存在というのもなく、一つひとつの現象はただ起きているだけです。

このノン・デュアリティ、非二元という視点は、実際のところ頭で「理解する」ものではないのでなかなか伝わりにくいのですが、

人はどこかで、「これ」を知っているのです。}

と話されています。

私という部分が、限られたデーターしかないのに、全体を分かろうとしている所に無理がある。

映画を見ていて、私が映画の主人公がだったら、結末が決まっている。

これが、あなたの人生だったら、どうだろうか?

面白くないと思う人もいるし、ハッピーエンドなら、いいやという人もいるかもしれない。

この時、映画を見ているという意識なら葛藤は、ない気がする。

スマップのナンバー1でなくても、オンリー1でいいという歌がある。

全体の中のそれぞれは、みんな表現の違いがあるだけで、同じものという考えが持てると葛藤はない。

ただ、私という個人の人生の意味というのを、考えると、私と私以外を生み出してしまう。

ポイントは、私という部分で全体を見ようとしている所。

私を追求しすぎて、私と私以外にしない事。

視点を私から、全体という意識に変える。

これが、難しいと思う。

感じとしては、現象を見ている感じ。

大和田さんは、現象と私を結びつける所に、葛藤があると話されています。

本人の分かる範囲で、いろいろなものを取り入れていくのが、いいと思います。

頑張っていきましょう!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

8月13日から、16日まで、お盆休みだった。実家の木更津に帰った。

初日は、三井アウトレットパークに行き、父親の登山靴を買い、つけ麺とみたで、つけ麺を食べた。(一度、行ってみたかった。)

二日目は、高宕山に山登りに行った。(先月よりは、楽だった。)その後、スーパー銭湯に行った。

父親と弟の身体のメンテナンスをした。

弟の赤ちゃんが、泣いていた。(パパが(・(ェ)・)ゴローにやられていると思ったのだろうか?)

三日目、四日目は、ゴロゴロした。

のんびり出来て、よかった。

月曜日にみなっしーから、北海道のお土産を頂いた。(みなっしーに、院長、ウニ高いんでちゃんと、食べて下さいと言われた。)

お土産、ありがとうございます!

しっかり、充電したので、これからも、どんどん頑張っていこうと思う!OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

土曜日に仕事が終わってから、向かいにある整体のまこと先生と、居酒屋で、ご飯を食べた。

以前先生に、7月14日一周年ですね、おめでとうございますと伝えたら、一緒に飲みに行きましょうと言われ、

その日が、土曜日だった。(私は、お酒に弱いので、もっぱら食べる専門だけど。)

いろいろと話をしてみて、患者さんに、寄り添うという事と、自立してもらうという事を大事にしている所がいいなと思った。

時計を見てみると、なんと、1時50分。

アラームを、0時にして、バイブにしていたが、気づかず、終電が行ってしまった。

そこのお店が、朝3時までなので、そこで話した。

店を出て、開いているお店を、探したが、無く、最後は、交番に行って、聞き、居酒屋の近くの居酒屋が、朝までやっているという事で、そこに行った。

まこと先生は、心と身体の関係、今は、特に、メンタルを大事にしていると話してくれた。

結局、夜の8時30分から、朝の5時まで、お互いの仕事に対する話をして、いたら、まさかの朝帰りとなってしまった。(最後は、二人とも、眠い感じだった。)

まこと先生の仕事に対する、ただ漠然やっているのではなく、常になぜ?を持っている姿勢と、身体を壊さない施術を大事にしている事を

知れたのは、よかった。

まこと先生は、近所にこれだけいろいろ考えてる人がいるとは、思わなかったと喜んでいた。

まこと先生、お互い、ご近所同士、スタイルは違いますが、頑張っていきましょう!OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31