ヘッダー

2015年 1月

加藤さんの「65点の君が好き」という本を読んだ。

加藤さんは、小学校の先生である。

本の中で、{子どもは、同じ時間、同じ思いを周りの人間と共有しようとする。ただ、見てほしいのだ。その人の関心を自分に向けたいのだ。

それが共有できると、これまで内に秘めていた想いが開放される。この広い宇宙に一人放り出された心が安心するのだと思う。

「見て。見て」  「先生、これ」  「できた!先生」  小学生と一緒にいると、こんなことが毎日起こる。}

と書かれている。

という事を、親が、分かっていれば、理想だが、親も状況で、そうそう聞いていられない事も、あると思う。

親は、親の視点で、判断し、子供は、子供の視点で判断している。(子供は、いつも聞いてくれないと、段々話さなくなるだろう。)

ただ、この話は、子どもだけでなく、大人もそうだと思う。

ダメ父ちゃんだって、ダメ母ちゃんだって、いいじゃないかと思う。

本当は、家族が、本音で、弱い部分、強い部分さらけ出せばいいと思うが、父として、母として、こうあるべきを、持っていると、

ついいいかっこしてしまうのかなと思う。

それが、更に、社会に出ると、その思いがもっと、強くなって、表面的なコミニケーションに、なったり、価値観の合う人とだけ、付き合ったりとなるのだと思う。

{その子を世界で一番愛している親と、世界で二番目に愛している先生が同じ方向を向いて協力したら、学校という場は

どんなに希望に満ちたものになるだろうか。}と書かれている。

私の地元では、そんなに数がいないので、あの人は、何処何処の誰それというのが、分かったりする。

そうすると、何か仲間意識というのが、ある感じで、悪い事は、出来ない雰囲気があると思う。(それでも、頑張れば、悪い事は、出来るかもしれない。笑い)

昔は、特に、両親の世代は、祖父、祖母、父、母、子ども、みんな一緒で、ガチャ、ガチャ、うっとうしいぐらいだったかもしれないが、

そこには、うっとうしいぐらいの愛情が、あったと思う。

それが、今や、核家族や、一人暮らしという所が、孤独をつくりやすいと思う。

人は、誰かが、思ってくれると、頑張れると思う。

年末に、弟の家族と一緒に、旅行に行った。

その時、弟と、奥さんが、赤ちゃんを、甲斐甲斐しく、世話をしていた。

弟も、私の弟ではあるのだが、弟の家族の父親として、頼もしく見えた。

世の中がうまくいく方法は、弟が赤ちゃんに接している時のように、寛容に、根気強く、ただ、ただ、愛情を持って、接するといいと思う。

どうしても、生き方が違う、他人同士は、お互い、お互いの意見をぶつけるだけでは、分かりあえない。(価値観が近い場合は、大丈夫)

そんな時、ただ、ただ、あなたを知りたいという気持ちで、私の意見を棚上げして、赤ちゃんに接するようにする。

そうすると、信頼関係が生まれる。

これさえ、出来れば、後は、うまくいく。

赤ちゃんの意味は、親は、何も出来ないから、してあげていると思っているけど、(確かにその意味もあるけど。)

本当の意味は、人は、何が出来るか、出来ないかでなく、ただ、その存在に価値があるというを教えてくれているのだと思う。

{命は時間だから、その命の時間を相手の笑顔の為に使える人を、僕は素敵だなと思う。}

と書かれている。

「命は、時間だから」いい言葉だと思う。

みんなが、時間を、命と思って大事につかうと、みんなの意識が、変わり、世の中が変わると思う!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

物事の捉え方。

ある物事(事象)は、ただ、そのものがあるに過ぎない。

そこに、みんなは、いろんな意味付をする。

ある物事Aに、良い、悪いを決め付けてしまう。

その物事が、本人にとって、良いことは、良いという認識で、本人の奥底に、価値観として、判断基準となる。

その物事が、本人にとって、悪いことは、悪いという認識で、本人の奥底に、価値観として、判断基準となる。

この2人に信頼関係が出来ていると、どちらの面もある事が分かる。

今の状況に、両面をもって、望む事が出来れば、いろんな事がうまくいきやすいだろうと思う。

可能性という良い面と、リスクという悪い面と。

信頼関係がとれている集団だと、いろんなアイデアを出す人達と、いろんなリスクを考える人達で、どちらの人達も、

生き生きした個性が生きる気がする。

そこで、全体という視点で、物事を考える事が出来ると思う。(価値観は、違っても、同じ仲間という感じ。)

信頼関係のとれていない集団だと、お互いの立場でしか、主張しない為、それぞれの持ち味を消す事になる。

そんな感じだと、お互い楽しくないと思う。(トップや、リーダー次第だと思う。)

最近思う事は、既知の事を、きちんとやる事では、私の心が喜ばない事に気づいた。

未知の事を、実生活で、実証して、道にしていこうと思う!

世の中には、まだまだ知らない、楽しい事が、たくさんあると、思う!

この糞真面目な性格の私に、いろんな刺激を与えて、いろんな喜びを知って、それを、みんなに還元したいと思う!

人生は、一度っきり、とにかく、徹底して、行動して、私を喜ばせたいと思う!

受付のみなっしーが、2015年度版のハンコ入れを作ってくれました。ありがとうございます。なかなか可愛い感じです。(*´∀`*)OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日、帰る時、ふと、受付の所を、見ると、見かけない顔が、あった。

たぶん、受付のみなっしーの仕業だ。

玄関の雰囲気が、和らいだ感じになった。

ありがとうございます。

みなっしーから、頂いた京都の栗納豆は、美味しかった。

バクバク、食べちゃった。

ありがとうございます。

みなっしー、今年も、半袖院長を、よろしくお願い致します!(たぶん、松岡整骨院の陰の院長は、みなっしーの気がする。)OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年の年末に、房総の宿に、両親と祖母と、弟の家族で、泊まった。

今回、期待していたのは、兎に角、高脚ガニを食べてみたかった。

弟の奥さんが、320回程、電話して、やっととれたお宿で、あった。

部屋は、私の誕生日の、2月16日の216号であった。

いつも、お正月の休みは、実家に帰って、ゴロゴロして、アンコ餅を1日、10個程食べて、1日1キロ体重が増える感じであった。

お宿では、思いっきり食べて、苦しいくらいであった。

お風呂も、なかなかいい感じの温泉でだった。

帰りに、吉永小百合さんの映画の舞台の喫茶店で、写真を撮った。

元旦には、父親と山登りをしたが、霰(あられ)がたくさん、降ってきた。

後は、おせちを食べ、テレビを、見、ゴロゴロしていた。

いいお正月だった。

今年は、新しい生活スタイルを、確立し、予想外の出来事を楽しみたいと思う。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031