ヘッダー

2014年 9月

受付のみなっしーから、京都のお土産の阿闍梨餅を頂いた。

ありがとうございます。

パクッと、直ぐ、2個食べた。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美味しい!

日曜日に、道場の稽古の後の、飲み会で、先輩の鈴木さんが、勝海舟の父の勝小吉が、なかなかの暴れん坊という話をしてくれた。

夢酔独言は、勝海舟の父、勝小吉が書いた本である。

この父の影響が、勝海舟にあると思うので、興味が出て読んでみた。

勝小吉という人物は、最初の内は、自分勝手に我が儘放題ばっかりやっていた。

特に、この時代、礼節とか、規則とかで、ガチガチの時代で、この人物は、とんでもない奴という風に見られていたと思う。

喧嘩も竹槍や、刃物とかもあるので、胆力が鍛えられたと思う。

21歳から、24歳まで、父親により、家の座敷牢での生活となった。

この時、本を読んで、道理を学んだ気がする。

この後は、人と相対する時は、正論で話をして、自分の意見を主張したり、道理を分かっているはずだが、つい昔の癖で、ズルさがでたりしたようだ。

小吉に、ある老人が、「世の中は恩を怨みで返すが世間人のならいだが、おまえはこれから怨みを恩で返してみろ。」

と言われ、そのようにしたら、やかましいばばあ殿(小吉にダメだ、ダメだと言っていた。)もだんだんよくしてくれるし、世間の人も頼ってくれるようになった。

小吉は、我が儘で生きてきたが、人の役にたつと、人から感謝され、その喜びを知り、こういう人生もいいなと思ったと思う。

勝海舟は、この自分勝手に生きる父を、見て、反骨心を抱き、それが、原動力となり、父親譲りの胆力が、磨かれていったのではないかと思う。

勝小吉、この人物のいいなと思った所は、良いも悪いも、正直に書いてある事だと思う。

最近、思う、強さとは、気の荒らさでもなく、腕力でもなく、武力でもなく、知力でもなく、経済力でもなく、権力でもなく、

どんな相手でも受け入れる心の広さだと思う。

気の荒らさは、相手を認めれる事が出来ない心の弱さであり、腕力、武力、知力、経済力、権力は、これが、あるから、強くいられるのであって、

やはり、心の弱さの裏返しといえる。

少し前の私は、強さより、心の広さとか、愛の方がいいと思っていた。

今考えると、気の荒らさとか、腕力、武力、知力、経済力、権力の一面だけを、見ていて、その裏の弱さを見ていなかったと思う。

だから、出来るだけ、その人の一面だけを見るのではなく、丸ごと分かりたいと思う。

人を見た時、一番許せないものを感じたとき、その人の中に一番許せるものが、内面にあると思う。

という事は、表面的なコミニケーションでは、お互い、対立する仲だとしても、

腹を割って話し合う事が出来れば、お互い理解しあえると思う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

クローズという漫画を、やっと、整骨院に持ってくる事ができた。

15巻、16巻が家で行方不明になり、受付のみなっしーに持ってくると言ってから、2~3年年の月日が経った気がする。

昔、おじさんの部屋で、この漫画を見つけ、熱くなった記憶がある。

男性ならば、強さに憧れるというというのが、あるだろう。

この漫画は、いろいろその人なりの悩みがあった時、主人公に出会うと、主人公の笑っちやうぐらさの強さが、ガッンと、脳天に響いて、

人によって、真正面から、ぶつかったり、悩んだり、画策したり、していたのが、どうでもよくなり、すかっとして、気分がよくなる所が魅力である。

男性の患者さんは、結構ファンの人が多い。

みんなが今いる場所で、本気のコミュニーケーションをすると、今まで、見えていなかった世界が、お互い分かるようになり、

お互いに世界が広がると思う。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930