ヘッダー

2013年 12月

今年も、今日と明日の大掃除で整骨院の2013年が終わる。

今年も、いろんな出会いが、あって、そこで、気づかされ成長したと思う。

大きな心の変化としては、私自身の心が満たされているので、相手にその不足を求めたりが無くなった。

公的な私としては、苦しんでいる人と向き合う人生というのだなという事をより強く思った。

私的な私としては、世の中の本質を知る為に、生きていきたいと思っているを再確認した。

いろんな人生があると思う。CA7VTJKSCAXUFPZ4CACFYP2D

 

せっかく生きているのであれば、本人の思う通り生きるのが、一番後悔しないと思う。

(写真は、整骨院の復活した、木の看板と、受付さんから、頂いたシュトーレンのお菓子)

日曜日に丹沢の鍋割山に山登りに行った。

今回は、山女子の方が、二人参加された。

いつもの男性だけの部活のような山登りではなく、何かいつもと違うなと感じながら(先輩達は、女性がいると違うじゃん。)こういう感じもいいなと思った。

山女子、二人の体力は、トレーニングお忘れ気味の私よりあって、みんながおしゃべりしながら、登って、丁度いいくらいだった。

頂上に着くと、名物の鍋焼きうどんが直ぐ食べられてラッキーだった。(結構待たないと、食べられないという話だった。)

全部で、7時間の山登りであったけれど、山女子の方に、お菓子を頂いたり、コーヒーを頂いたりして、あっという間に時間が経った。

山女子の方に、山の何処が好きですか?と聞いてみた。

自信、生かされている、感謝、自然、という言葉を話されたので、感性が近いなと思った。

最近、考えている私の接し方次第で、相手がどう受け取るかの山登りの一つの意味が分かった。

私自身が、緊張していれば、相手に緊張が伝わり、相手は心を開かない。

それが、繊細な相手程、出来るだけ、優しく、優しく接しないと、その人を恐がらせて心の声を潰してしまう。

山登りをすると、普段、私自身が、押さえ込んでいた気持ち(社会のルールに従わなきゃだめとか、いい人じゃないと嫌われちゃとか、)

更に、奥底にある私自身の持っているこうでなければならない(観念)が解放され、楽になるんだと思う。

山登りをしている時は、そういう観念に囚われていない。(日常生活に、戻ると囚われる)

だから、山登りは、いいんだろうと思う。

普段、みんな、みんなの心の中にある判断基準は、本当の心の基準なのか、周りの基準なのか、考えて見ると、心が楽になると思う。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

週末にテレビで、福永騎手と渡辺棋士がお互いの仕事に関して語っていた。

渡辺棋士は、将棋の棋譜の研究に15時間かけたりして、準備を徹底的にやるようにしている。

福永騎手は、「努力している人は、努力していない人には、勝てるが、楽しんでいる人には、勝てない!」と話されていた。

30歳位の時、限界を感じて辞めようと思ったとも、話していた。

それが、限界は自分が、つくって気づいて今は、動作解析とかを取り入れている。

本人の持っていない知識を取り入れることにより、今までの限界を突破している。

腱引きの師匠に、先生は、どのような勉強をされているのですか?と聞いた事がある。

解剖学の本を見て、3Dにイメージ化し、今日の治療の手順をもう一度振り返り、手数を少なくするには、どうすればいいか考える。

この話を聞いた時、流石、師匠だと思った。

それは、苦でなく、楽しいらしい。

腱引きの最高顧問の先生は、ずっと武術をされてきた方で、夢の中まで闘っていると奥さんが、話されていた。

この話を聞いた時も、凄いと思った。

努力と聞くと、一般的に苦労してとか、きついとか、頑張らなきゃというイメージがあるかもしれない。

私の苦手のものとか、私から見てなかなか出来ないものが出きる人を見ると、努力して凄いと感じるのだと思う。

これが、みんな好きな事だと何時間でも出来ると思う。(好きにもいろんなレベルがある。)

たまたま好きな事が仕事だと頑張りやすい。

ただ、実際仕事の場合、要求されるレベルは、職場によって様々だ。

その人なりに、全力でやっていて、その2倍要求されるのは、きつい。

(私の場合、5倍要求され、あるのは、怒りと〇意。その時は、気配まで分かるようになった。心の平和が一番です。)

仕事は、その職種、その職場のやり方があると思うが、それが、本人と合っていればよいが、違うときつい。

Aのやり方では、うまく出来ないが、Bのやり方でうまく、いくなら、Bでやればいいと思う。(本人に合った方法を見つける。)

ただ、どうしても、Aのやり方でやらなきゃいけない時は、一つ、一つ、意味を、素直に聞いて行う。

昔、ホットパックを、肩と腰に置くという事が、出来ない先生がいた。(17回目で、やっと出来た。)

小学生でも、出きるのに、なぜ、この大卒の先生が、出来ないか、悩んだ。

普通、普通の人は、右手は、右手と認識するのに、この先生の認識が、左手とか、違う事になっているのか、いろいろ考えた。

結局、分かったのは、話をしている時に、自分の考えの方に意識がいってしまい、言われた事を聞いていなかっただけであった。

ポイントは、素直に、人の話を聞けば、いいだけの話だった。

言われた通りに、頑張っていると、少しづつ出来るようになる。(出来ない場合は、教え方が悪い場合もある。)

苦しいかもしれないが、少しづつ出来ようになると、少し自信がつく、そうすると、心に少し余裕が出て周りが、少し見えるようになる。

そうやって、段々と努力を重ねていくと、結果が出て、どんどん自信がつく、心に余裕が出てくると、楽しむ事が出来るようになる。

(自信がつき過ぎると、天狗になるので、注意!上には、上がいる。)

世の中には、やり方は、たくさんあると思う。

昔、行った、経営セミナーの経営コンサルタントの人の考え方、異業種のやり方を取り入れる。(ただ、他の業界のやり方を持ち込んだだけ。)

その業界、業界で、漠然と行われている仕事の仕方があるからだ。(思考が停止してるとも、いえる。)

腱引きの師匠が、諦めずにやり続けていれば、いつか出来るように、なると話されていた。

この言葉に、不器用な私は、多いに救われてた。

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031