ヘッダー

2013年 6月

休みの日に、静岡の筋整流法の本部で、杉本錬堂先生の痛みを取るセミナーがあった。

なぜか、特定の場所を2回、シュ、シュ、と切る動作で刺激を加えると、筋肉が、50パーセント緩む。

今回、このセミナーに参加して良いなと思ったのは、筋整流法の小口先生と錬堂先生が、

お互い高めあって融合していきましょうという話が、出たことだ。

どうしても、治療業界は、それぞれが自分の治療法に自信を持っていて、なかなか他の治療法の意見を聞く事が出来ないと思う。

一つの治療法で、全てに答える事が、出来るのならば、その治療法を修得すればいいと思う。

そうでなければ、Aという概念を持つ治療法が、Bという概念を持つ治療法を取り入れる事により、更に大きなCという概念を持つ治療法に

なってもいいし、Bという概念を持つ治療法が、Aという概念を持つ治療法を取り入れる事により、更に大きなDという概念を持つ治療法に

なってもいいと思う。

小口先生の徹底的に追及する姿勢と、錬堂先生の広い心が、交流し、お互い高めあい成長しましょうという気持ちになった思います。

錬堂先生に、先生の見方は、ぽっと、浮かんだ事をデーターとして、積み重ね、それをみんなに伝えて、

また、ぽっと、出たら、それをみんなに伝えているんですよね?と質問しました。

そうだと仰ってました。

更に、先生に、ぽっ、てどこから来てるんですか?と質問したら、

分からないと仰っていました。(たぶん、先生は分かっている気がします。この場で答えとみんなが混乱するから。)

錬堂先生に、普段心がけている事は、何ですか?と質問しました。

朝4時か5時に起きる。

肉は、食べない。

良く噛んで食べる。

上の2つは、現時点では、出来ない。

3つ目の良く噛んで食べるをやる事にした。

昔から、父親、山登りのリーダーから、言われていたが、なかなか出来なかった。

錬堂先生によると、食物が、胃に入ると、胃酸が出て食べ物を消化するが、

この胃酸が、強力な酸なので、胃に悪い。

それが、良く噛んで食べると、唾液が出て、これが、食物に混ざり、胃を守る成分となるらしい。

良く噛む事が、胃に負担をかけないというのが、いいなと思ったので、1口を、25回以上噛む事にした。

やってみると、今まで、5口も噛んでいなかったので、顎が疲れる。

食べる事で、疲れる事は、初めてだ。

いかに、噛んでいなかった事が、分かった。

良く噛む事をやってみようと思う。

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930