ヘッダー

2012年 8月

日曜日と月曜日に鳳凰三山に山登りに行ってきた。

初日5時間30分、二日目8時間。

今回の課題は、いつも山登りに行った日は、その日のうちに、水風呂に入って熱くなった身体を冷やして、身体の快復をを行っているが、

それが、使えない事だ。

初日の最初の作戦は、いかに太腿の筋肉を疲れさせずに、太腿のパワーを温存させるかように考えて登った。

結局、最後の方は、みんなのペースに少しでも、合わせる為、太腿の筋肉を使ってしまったが。

この日は、鳳凰小屋という山小屋に泊まり、夜ご飯は、カレーだった。(おかわりして、2杯食べた。)

印象的だったのは、ここで働く人の眼が、キラキラしていた事だ。(やはり、好きな事をしている人の表情は、素晴らしい!)

食堂で、女性で、一人で、来られている人が、いて、仲間が、話しかけていたが、まだ、一人で山登りは、出来ないので、凄いなと思った。

二日目は、朝3時に起き、4時に出発し、2400メートルの鳳凰小屋から、地蔵岳(2764メートル)を登り、次に、観音岳(2840メートル)

その次に薬師岳(2780メートル)を登り、そこから標高差1630メートルを降りて、青木鉱泉(1150メートル)まで、8時間かけて歩いた。

とっても、ハードで、最後の2時間30分ぐらいは、殆ど体力を使い果たした後の状態で、歩いた。

この時、身体は、ボロボロだったが、気持ちは、まだ行ける感じだった。

昔、柔道の練習をして、非常に疲れて、総武線の電車で、座りこんでしまった時が、あったが、その時、ランナーズハイという感じの

凄い高揚感を感じた、もう少しで、それに、近い感じになりそうだった。

今回の山登りで、リーダーは、太腿の肉離れを起こし、もう一人の先輩は、膝が痛くなり、私のメガネは、真っ二つになり、(修理に出した。)

いろんな事が、起きたが、山登りをしていると、普段の生活では、きついと感じる事がない、(この意味は、大きい!)

登っている時は、ただ登るという事だけに、没頭している。(これが、癒しになる。)

現代社会は、ストレス社会と言われるが、ストレスは、結局自分が作っているので、こだわりが、多い人ほどストレスが多くなる。

ストレスを、相手や、状況や、自分以外の性と思う人は、とにかく、身体を鍛えてそれに、負けないようにするというのがいいと思う。

身体が、強いとストレスに耐える事が出来る。

ストレスを自分が、作っていると考える事が出来る人は、今の感情が、どういう価値観によって起きたか、意識してみるとよいと思う。

価値観は、その人が、親や、時代や、地域や、いろんな影響を受けてつくりあげたものなので、その人にとっては、正しい。

ここで、大事なのは、どちらが、正しいか、正しくないか、ではなく価値観の違うもの同士が、コミニケーションを取ることで、

お互いの世界を広げる事だと思う。(効果的なやり方については、研究中。)

よく思うのは、知らない事を知ると、それだけで、世界がぐっと、広がる。

物事には、表や、裏や、いろんな面があると思う。

いろんな面を見つける事で、その物事の深さが、増していくと思う。

であるならば、ひとつの物事に対してそこに正反対の意味が、同時に存在することを認めることが、出来れば世界が広がると思う。

現在の所、表や裏は、一方だけでは、存在できないという理解しか出来ていません。

今、思ったのは、そもそも、物事をひとつの見方で、とらえるから、そうみえるだけなのかもしれない。

ひとつの物事を、表を見ている人が、裏を見ている人と話をしているので、話が噛み合わないだけだと思う。

みんなの意見を全て正しいとして、統合していく方法は、どうだろうか?

いろんな視点を持つ事で、分かりあえる。

本質を探る。(いろんな考え方が、あるのは、それぞれが経験してきた事によって観念が、出来上がっているので、

その本質は、何かを探ると、みんな同じ所に行き着くのではないか。)

私は、昔から、バランスとか、調和という事が、好きである。

個人レベルでは、調和が、崩れると、病気。

社会レベルでは、調和が、崩れると、人間関係が、きつい。

地球レベルでは、調和が、崩れると、自然災害、人災。

最初は、個人レベルで、調和が、取れるようにして、段々上げていく。

知らずに個人レベルで、ある部分が、成長しているかもしれない、すると、そこに今まで違って不均衡が生まれる。

その不均衡を調和の状態にする為に、他の部分が、成長しなければ、ならない。

調和と混乱は、成長する為に必要な事かもしれない。

安定と不安定。

多くの人は、安定を望むと思う。

実際は、安定とは、本人と周りが、成長しない状態の中でしか成立しないと思う。

だから、夫婦、家族は、お互いが成長する為に努力しないと、どんどんズレていくと、

小学校の通知表で、2が多かった私は、思う。(父親に拳骨をもらった記憶有り。)

とにかく、自分の人生は、自分の思う通り生きるのが、いいと思う。

ただ、いろんなしがらみが、あると、思うので、少しづつ、自分のペースで、行けばもっと、人生が生きやすくなるんじゃないかと思う。

自分の人生は、自分が責任持ちましょう!

 

 

 

 

 

 

日曜日、月曜日に、山梨県の南アルプスの鳳凰三山に山登りに行く。

初日、6時間、二日目、8時間だそうだ。

今回は、山小屋に泊まるので、必殺の冷やしが、使えないので、身体が、快復しないまま、二日目の山登りとなる。

         過酷だ!

さらに、天気は、微妙だ。

なぜ、山に登りたいかと聞かれたら?

以前は、修験道の修行的な意味を、求めていたが、今は、ただ、山の空気が、単純に吸いたい為からと答えるだろう。

これからの人生、いろいろとあると思うが、山を登っているその瞬間だけは、その時の自分を見つめていると思う。

山で身体と心が、鍛えられ、山で、自然を感じ、心が、ピュアになり、人間も自然の一部と感じられる。

そんな魅力が、山には、ある。

さて、鳳凰三山、どんな山登りになるだろうか?

 

 

 

 

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031