ヘッダー

整骨。

日曜日に町田の島津先生の所に行った。

今回は、患者さんの脈のリズムに合わせて、施術を行うという事だった。

そして、その時に手の熱を加える。

このリズムという話を聞いて、同調とか、一体感だなと思った。

施術師が、一方的に、患者さんに、施術するのでなく、患者さんは、施術に一方的にしてもらうでなく、お互いが、その場に、しっかり向かい合うことだなと思った。

先生は、伝承が大事と仰った。ある時、先生が生徒に、見なくて、大丈夫?と、聞いたそうだ。ビデオを撮って、家で観ますから、大丈夫ですと生徒は答えたそうだ。先生は、内心そんなんで何が分かるんだと思ったそうだ。

伝承の意味!

この話を聞いて、ポイントは、伝えるだなと思った。

ただ、教える、教わるでなく。

教える者の姿勢。教わる者の姿勢。

先生の時代は、師匠が一度だけ技を見せる。それを、弟子が見て、考えて学びとる。

そして、師匠は、鬼のように厳しいけれど、そこには、弟子を一人前にしょうという深い愛情がある。

そうやって、受け継いだものを、今は、生徒さんに伝えている。

本来は、門外不出の技を生徒さんに、伝えている。それを、生徒さんは、その真意をくみ取らないで、ビデオで、その身体の中の働きを分からずに、形だけで、とらえている。

真剣に伝えようとしているものを、受け取り側の我儘を持って接するのは、もったいないと思う。

私は、不器用な方でありますが、先生を見ていて、先生は、そこにいる人のレベルに合わせて、教えてくださっているなと思っている。こちらの身体を捉えるレベル、身体を使いこなすレベルが上がれば、そこに、合わせて教えてくださると思う。

人と人が真剣に向かい合うと、お互い、その人が知らない相手の世界が入ってきて、世界が広がると思う。

最近、思いますのは、名の通った人、通ってない人、いろんな人がいらっしゃいますが、凄い人いますよと言いたいです。(*^▽^*)

 

最近、考えているのは、真面目な人と、不真面目な人が、同じ場にいて、真面目な人が一生懸命仕事をし、不真面目な人が楽に仕事し、それでも、その場が成り立たないかなと思っています。

 

 

 

12月になると、整骨院の年末年始のお知らせハガキを毎年書く。

構成は、みなっしー! 流石と、いつも、思っている。

私は、宛名書きと、一言と、記念切手を貼る事をしている。

このハガキを書く時は、患者さんに、来て頂いて、有り難いなという感謝の念が湧く。

毎年、そんな師走の過ごし方をしている。

今年も、あと少しですが、出来る事を、出来るだけ、気づく事を、気づくだけ、やっていこうと思う。

(*^▽^*)

 

 

みなっしーが、クリスマスツリーの所にある風船を、ツリーと被るので、「院長、風船どこに置きます?」と聞いてきた。

「どこがいいですかね?」と私が言ったら、

みなっしーが、「風船要らないです!」と、ハリセンで、叩いてきた。(注ー実際は、叩いていません。)

カーチンときたので、「じゃあ、大丈夫です。」と言って、違う場所に風船をつけた。

私は、みなっしーのセンスは、尊敬しているので、次の日、風船の意味を聞いてみた。

風船は、パーリーピーポーで、整骨院は、木で、癒しのイメージなので、波長が違うとのことでした。

確かに、そうだなと思いました。私の場合は、治療が武術の治療がベースなので、強いイメージを、風船を浮かすことで、柔らかくなり、剛の人だけでなく、柔の人も入り易くなるかなと、単純に思っていました。

みなっしーの話は、その通りだと思ったので、風船は、全部、外すように決めました。

(ここで、こっちょり心の声を書いときます。みなっしーは、いつも、患者さんには、天使200パーセントなのに、院長には、いつも、一切手加減無しなんだもんな。(´・ω・`))

こんな感じで、松岡整骨院は、院長の至らなさを、みなっしーがカバーして、頑張ってます!

師走で、何かと、忙しいと思いますが、出来ることを、コツコツやっていきます。(*^-^*)

 

日曜日に、町田の島津先生の所に行った。

今回、特に、共振と、波という事が心に残った。

剛の松風の合気と柔の柳の合気というのがある。(剛の合気は、殺法なので、教えて頂いておりません。どさくさでいつか、先生にお聞きしようとこっそり思っております。)

手足を動かす事が不自由の患者さんに、対して、手技と、意識と、振動を使って接するそうです。

この時、共振という言葉が出ました。その言葉を聞きまして、私は、施術者のいい状態が、患者さんに、共振して伝わるんだと思いました。いろんな人が共振とか、共鳴とか言っておりますが、ここでも、その力を使っているんだなと思いました。

血腫のある患者さんに、対して、柳の合気を使う。そうすると、部分的に暖かい熱が障害物を取り除く、そして、同時に、脈でもむ。(脈のリズムを使う。)筋肉のポンプ作用を使う。こうして、血腫をなくすそうです。

そして、私的な気づきとしましては、患者さんを、見て、繊細な人と、頑丈な人がいると思っておりました。昔、ある繊細な治療する先生が、荒い治療を受けると、センサーがおかしくなるとおつしゃておりました。その言葉もあってか、私自身の中では、人は、繊細なタイプか、頑丈なタイプかと思っておりました。繊細なタイプは、感じるタイプ。良い方に働くと、いろいろな事に気づける。悪い方に働くと、神経質、いろいろ許せない。頑丈なタイプは、感じないタイプ。良い方に働くと、いろんなストレスに耐えられる。悪い方に、働くと、いろんな事に気づけない。と思っておりましたが、本人が耐え難い強い刺激(陽)を受けると、死なないように、頑張る力が出てくる。これで、生命力アップになる。(火事場のバカ力)一方、優しい力の刺激(陰)。温かさ。愛。を受けると、その本人の緊張が解け、本人が出しやすくなる。この陽と陰の力を使う事で、同じ刺激だけでないので、陰陽で、波となるそうです。島津先生になかなか深いですね。と言いました。違う言い方をしますと、北風と太陽の接し方で、その本人自身が、何かに気づくのかなと思います。

それを、踏まえますと、今回の気づきとしましては、人は、細かい所に気づく優しさと、困難を乗り越える強さの両方を持っているのがいいのかなと思いました。(ミクロから、マクロまで。)

私など、有り難いのは、いろんな疑問があると、怒られても(愛情を感じますので怖くありません。)聞けるという場がありますが、先生の修行時代など、質問に答えてくれるというのがない中で、師匠の一挙手一投足、言葉、雰囲気、いろんな物に、神経を研ぎ澄ませて、稽古されていたようです。

出来る事を、少しづつ、頑張っていこうと思います。

いつもありがとうございます!

松岡良一

 

 

 

10年乗っていたスクーターが壊れ、新しいスクーターになった。

これで、通勤と、スーパー銭湯に行ける!よかった。よかった。( ^ω^ )

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031