ヘッダー

柳生心眼心眼流。(島津健康塾)

日曜日に、東京の町田の島津先生の所に行った。今回は、足首の調整と、島津先生の身体のマッサージをして、先生から、あーだーこーだーと、指摘してもらう。(笑) 有り難いことです!先生にとっては、下手なのを受けるのは、苦痛だと思いますが、お弟子さんの為に受けてくれています。今回、先生に質問したかったのは、前回、活と殺の身体の使い方は、同じということだったので、この違いは、意識の違いだなと思って、確認しました。やはり意識の違いだそうです。私自身もうひとつ、思ったのが、私が緊張して触ると、相手に緊張を伝えることができる。同じようにリラックスしていると、リラックスを伝えることができる。では、全身全霊で緊張した状態が、なぜ、リラックスになるかが分からなかった。そんな時、夜、NHKの再放送で、瞑想をやっていた。その中で、瞑想状態と同じなのが、ダーツとのことだった。その話を聞いて、集中を続けていると、没頭して、そうなるんだと思った。ああ、これか、だから、相手にリラックスとして、伝わるのかと思った。それで、先生に、全身全霊の緊張がリラックスとして伝わるのは、没頭するからですよねと、お聞きした。先生、曰く、「ちょっと、違うんだけど」 あれ?違ちゃった。 視点が違ってるようです。

もうひとつ、今回、衝撃的だったのは、初めて、悶絶した。今まで、先生から、痛い場所を責められても、(加減してもらっていると思います。)ああ、大丈夫です。丈夫ですからと言っていたが、太ももの内側を責められたら、おおって、言っていた。流石に、これは、何かと思って調べたら、閉鎖神経だった。私自身、患者さんの内ももを施術したりして、痛いのは、知っていたつもりっであったが、痛いのを、凄く、実感した。たぶん、先生は、神経を緊張状態にして、痛みの感じるレベルを上げて、感じるようにしていると思う。家に帰ったら、一時的に、神経痛の状態で、筋肉が緊張状態になっていた。流石、活法であり、殺法だなと思った。

まだまだ、知らないことがたくさんあると思う。それを、少しづつ、できるようにし、患者さんに、還元し、日常生活でも、活かしていきたいと思う。(*^▽^*)

松岡整骨院


千葉県市川市行徳駅前
にある整骨院です。
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031